海外赴任が決まったら読むべきノウハウ本おすすめ12選

スポンサーリンク

仕事をしているなら環境が変わって仕事をすることもあります。そのため、仕事の変化によっては準備をしておくことも必要です。

もし会社から海外に赴任するように指示されたなら、「海外赴任のためのどんな準備が必要なの?」と不安を感じることがあるはずです。海外赴任が決まったときは書籍を読んでノウハウを取り入れておくことも1つの良い方法です。

海外赴任のおすすめのノウハウ本を12選紹介します。

海外赴任2020年度版リロケーションガイド


海外赴任が決まって「何をすればいいのか分からない」と思うなら、この本を読むことで海外生活の準備をすることができます。本の内容には赴任の手続き方法や公的機関の手続き、ビザの申請方法や語学学習の準備など、赴任するためにしておきたい手続き方法についていろいろ書かれています。

初めて海外に行く人であれば、この本から海外の生活について詳しく知ることができます。

[amazon]海外赴任2020年度版リロケーションガイド 付録:海外赴任・留学出発までのスケジュールチエックノート

海外勤務が決まったらすぐ読む本


「海外勤務でしっかり戦力になりたい」と思う人におすすめの本です。海外の赴任は日本とは違うことも多いため、様々なインプットや勉強が必要になります。ビジネスにおいての準備方法、成功する秘訣について述べられているので、海外のビジネス対策に利用できる本です。

[amazon]海外勤務が決まったらすぐ読む本

世界で働く人になる


「世界に行くとどのように接すればいいのか?」と外国の人との接し方を知りたい人もいるはずです。この本からは外国の人とうまく付き合っていく方法を実体験を元に書かれているので、接し方について勉強することができます。

英語の効率的な学び方についても勉強していくことができるので、英語が話せない人は勉強方法も理解することができます。

[amazon]世界で働く人になる! [人づきあいと英語のスキルを劇的に上げる41の方法]

海外赴任者の危機管理対策マニュアル

海外赴任をするなら危険なことに遭遇する機会もあるかもしれません。そのようなときに、どう対応することができるのかこの本から学ぶことができます。この本の中には現地災害、健康管理、違法行為などの様々なリスクがある中でどう対応すればいいのか、トラブル防止について書かれています。トラブルについてのノウハウを知ることが可能です。

[amazon]海外赴任者の危機管理対策マニュアル

東南アジア進出企業のための海外赴任・海外出張の労務と税務早わかりガイド


中小企業が東南アジアに進出する場合は制度について理解を深めておくことが大事です。そのため、東南アジアに海外赴任する方なら「人事労災や社会保険の取り扱い、税務処理、などの制度や経理に関して知識を得ておきたい」、と思うかもしれません。この本からは経理や制度について知識を得ることができるのでおすすめです。

[amazon]東南アジア進出企業のための 海外赴任・海外出張の労務と税務 早わかりガイド

海外暮らし最強ナビアジア編

海外暮らしをするときは「ハードルが高い」、「無事にやっていくことができるだろうか?」と不安に感じることもあるかもしれません。しかし、海外暮らしはハードルが高いわけではなく、ノウハウや事前準備をしておくなら日本で暮らすのと同じように行うことができます。そのノウハウやビザや労働許可証の取得、住居の確保など海外生活で重要な知識をこの本から分かりやすくり知ることができます。

[amazon]移住者たちのリアルな声でつくった 海外暮らし最強ナビ アジア編

海外生活の達人達、世界40カ国の人と暮らし


海外赴任は仕事で行くとしても、「海外に行くならせめて海外生活を楽しみたい」と思われるかもしれません。「海外で楽しむことはハードルが高い」と思うかもしれませんが、この著者は海外経験が豊富な方執筆しており、海外の楽しみ方についていろいろな方法を知ることができます。この本から仕事でも生活でも日本では味わえない楽しみを感じることができます。

[amazon]海外生活の達人たち: 世界40か国の人と暮らし

海外勤務は怖くない⁉︎-グローバル化を乗り切る海外出向のポイント


この本からは海外勤務におけるノウハウや押さえておくポイントについて分かりやすくまとめられているので、本を読むのが苦手な人でも最後まで読むことができます。英語力に自信がない人や現地の社員と上手に付き合うコツなどを海外勤務21年のベテランが執筆してくれているので、海外赴任をする方は海外に行く前のらリアルなアドバイスを聞くことができます。

[amazon]海外勤務は怖くない!?―グローバル化を乗り切る海外出向のポイント

難しい英語はわかりませんが、英語を話せる方法を教えてください


「海外に赴任しても英語を話せる自信がない」と感じる人もいるはずです。この本からは実践的な英語のコミュニケーションを話せる方法についてそ教えており、著者はNHKテレビの「はじめよう英会話」に出演していた人なので、簡単に覚えることのできる英語がたくさんあります。正しい英語を学んで英会話の楽しさを感じたい人は、この本を読むことをおすすめします。

[amazon]難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

タイ・シンガポール・インドネシア・ベトナム駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド

企業の海外人事、総務、経理実務担当者でアジアに赴任される方におすすめできる本です。海外での社会保険制度や税務、教育事情、医療事情など、海外の制度は日本とは大きく異なる点が多いです。しかし、この本からは一定のアジアの国についての情報を知ることができるので、海外で仕事をするときも安心して仕事をすることができます。

[amazon]タイ・シンガポール・インドネシア・ベトナム駐在員の選任・赴任から帰任まで完全ガイド (三訂版)

海外赴任のために必要なこと駐在員家族のメンタルヘルス

海外に赴任が決まったなら家族で海外に移住することもあるはずです。その際に本人はもちろんですが、家族のメンタルヘルスも注意しておかなければいけません。海外に行くと精神的プレッシャーを感じて、日本の生活のようにリラックスできないこともあるからです。この本からは著者の実体験を元に家族や自分のケアについて知ることができます。

[amazon]海外赴任のために必要なこと 駐在員家族のメンタルヘルス (角川フォレスタ)

夫の海外赴任を「自分ごとにする」


海外赴任に同行して海外生活をした実体験を元に、海外生活や赴任でのアドバイスを述べています。海外生活で感じることや経験したことをあらゆる角度から見ることで、楽しい生活に変えることができる見方を紹介しています。海外で生活に関する秘訣を学べるので、赴任する夫についていく家族におすすめできる本です。

[amazon]夫の海外赴任を「自分ごと」にする: グローバル駐在妻の選択―”転機”をチャンスに―

まとめ

海外赴任をするにあたって、いろいろな不安を感じることがあるかもしれませんが、海外赴任に関する書籍を読むことで不安を取り払い、前向きに考えることができます。

日本との違いや楽しみ方などのアドバイスが載せられているものが多いので、ぜひ、検討してみてください。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)