仕事で緊張しやすい人の特徴と対策。ほぐすために出来るちょっとしたコツは?

スポンサーリンク

仕事は、長時間強いられることになるので、緊張している人たちは相当疲れてしまっているのではないでしょうか。就職活動をしている人たちも出来る限り緊張問題は解決したいと思っているでしょう。果たしてそれは可能なのでしょうか。

緊張する人たちの特徴

果たしてどのような人たちが、日々緊張に襲われて疲れてしまっているのでしょうか。緊張の特徴をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

まじめ

緊張している人たちはまじめなタイプが多いです。ですからあながち緊張することは悪いことではないこともわかって来ます。

緊張している人たちは、仕事に真っ正面から向きあい真剣に取り組もうと思っているのです。

しかし時として、まじめな性格がにっちもさっちも行かない堅物と思われるケースがあります。まじめだから100%いいということではありません。

周囲を気にしている

周囲の人が気になって仕方ないから緊張しているという場合があります。誰だって、周囲の人たちにいい評価を得たいと思っているはずです。

でも、期待に答えようとし過ぎてしまうからより緊張してしまうことになります。

失敗経験がある

過去、失敗した経験は誰もあるはずです。そして今度は、失敗しないようにという気持ちを持って向きあうことになりますが、その気持ちが強く、不安状態でいることが、=緊張に繋がってしまうことになります。

失敗経験があったとしても別に気にしないというタイプもおり、緊張などしないからいい結果をもたらすでしょう。

不器用

まじめな性格が、ひとつひとつの作業に対して不器用さをもたらすことになります。ひとつひとつの作業に対して、いろいろなアプローチの方法がありますが、まじめ過ぎると、ひとつの視点を深く見つめることしか出来なくなります。

フレキシブルな発想を持つことができないから、状況によって変えることができないから不器用と言われてしまうことになります。

緊張している人たちにもメリットはある?

緊張している人たちの特徴についてお話しをしましたが、それらの特徴は、ある意味メリットをもたらしています。

まじめな性格は、真剣に作業に取りかかろうとしている結果です。作業に真剣に向きあうこと自体悪いことではありません。

不器用というのも、ひとつの視野に対して、深く掘り下げた結果です。広く浅くの発想でないことが、役立つこともあるはずです。

スポンサーリンク

周りの評価が気になる性格もあるから、もっと頑張ろうというモチベーションが生まれるはずです。ライバルを気にするから、もっといい成績を上げようという気持ちが起こるのではないでしょうか。

失敗経験がある人たちも、失敗をバネにして乗り越えようとするから、次には好結果に繋げることができます。そうしない人たちは、いずれまた同じ失敗を繰り返すだけかもしれません。

緊張はどのように克服すればいい?

でも、いつまでも緊張し続けても、ストレスがたまってしまうばかりです。緊張し続けている人たちは結果、出世もなかなか出来ないかもしれません。

ある程度までの緊張は良しとしても、緊張しすぎの性格は改善させるべきです。

自信を持つ

緊張している人たちは、自信を持つことによって緊張しなくて済むようになるでしょう。 スポーツ選手だって緊張をしています。しかし、練習に練習を重ねているから緊張にもうち勝つことができ、いい結果を残すことができます。

会社で仕事をしている人たちも同じではないでしょうか。ビジネスマンのプレゼン発表でも、緊張しない大事なポイントは、準備に準備をしっかり重ねることです。

リラックスする

どのような方法でリラックス出来るのか方法を考えてみましょう。みなさんはつぼを意識したことがあるでしょうか。

いざというとき、神門(しんもん)、 合谷(ごうこく)などを押すことで、緊張は緩和されていくことでしょう。

神門(しんもん)は手首の横じわの小指側、少しくぼんだところにあります。 合谷(ごうこく)は、手の甲側、親指と人さし指の骨の分かれるあたりの人さし指側にあります。

更にいい呼吸の方法が、緊張をときほどいてくれるでしょう。 鼻から息を4秒間吸って、3~4秒息を止めます。そして今度は4~8秒ほどかけて口を開けて大きく息を吐いてください。

吐き出す方に倍時間をかけることで、リラックス状態を作り出すことができます。

緊張している人たちはおおかた呼吸困難にもなっている人たちが多いので、そのあたりのことを気にしてみてください。

メリットがある

そして緊張している人たちにも大きなメリットが存在していることを理解することです。緊張しているのも悪いことではないと思えば、段々と緊張も緩和されて来ることでしょう。

ほどほどの緊張がメリットをもたらす

いかがでしょうか。ほどほどの緊張は、仕事に対していいメリットをもたらすことも覚えておいてください。緊張の対策として、全部の緊張をほぐすことではなく、ある程度まで緩和するという気持ちを持てば、うまく実現することができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)