マーケティング担当者必見!消費者行動心理本おすすめ18選

スポンサーリンク

販促会議や営業会議でいかに消費者や顧客の気持ちをつかむかという課題に対して議論が行われることが多いと思いますが、今日はそんな議論に新たな視点を与える本を紹介します。惰性でやっていた「今まで通り」から抜け出す何かを見つけるきっかけになると思いますので、参考にしてみて下さい。

ビジュアル図解ヒット商品を生む!消費者心理のしくみ (DO BOOKS)

そもそも消費者行動・心理をまず分かりやすく学びたいというニーズに応えた一冊。2010年発売ですが入門書として多くの類書を押しのけて人気を保っています。図が多いので概念的で理解しにくい内容も自然と理解できるのが嬉しいですね。著者が、カビキラー、スキンガード、固めるテンプル、禁煙パイポの開発者とは知りませんでした。

〔amazon〕ビジュアル図解ヒット商品を生む!消費者心理のしくみ (DO BOOKS)

1からの消費者行動

なぜこれを選び、これを買ったのかという一連の消費者行動をからくりをストーリー仕立てで学ぶことが出来る一冊。プロトタイプ的な消費者属性に合わせて個人と社会の2つの側面からバランスよく解説する入門書として最適です。

〔amazon〕1からの消費者行動

無意識に買わせる心理戦略

コカ・コーラ、ユニリーバ、P&Gなどの大手企業のマーケティング・コンサルタントが買い物客の行動パターンを解説してくれる一冊。著者の豊富な経験と検証を元に無意識の客を購買へと導いてくれるノウハウを学ぶことが出来ます。自身の仕事への応用のヒントを求めている担当者におすすめです。

〔amazon〕無意識に買わせる心理戦略

インビジブル・インフルエンス 決断させる力

決断の裏にある見えない影響力とそのメカニズムを学ぶことが出来る一冊。消費者が意思決定を行う上で潜在意識の影響がいかに大きいかということと、その前提で自社の商品を選んでもらうためには何をすればいいかを事例と共に学ぶことが出来ます。それぞれの仕事に応用しやすい事例も多いので参考になります。

〔amazon〕インビジブル・インフルエンス 決断させる力

〔kindle版〕インビジブル・インフルエンス 決断させる力

「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方 (宣伝会議)

人を動かす隠れた本音を見つけ出し、なかなか効果の出なかった販促をテコ入れしたいと考えている担当者にぴったりの一冊。アマゾンでもベストセラーとなり多くのビジネスマンに読まれています。「“人間を見に行く”ことがイノベーションの出発点」という言葉に個人的にはビビッと来ました。一方で「客観的な事実が重要」とも説いており、バランスのとれた内容になっています。

〔amazon〕「欲しい」の本質 人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方 (宣伝会議)

〔kindle版〕「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~

消費者行動論 (【ベーシック+】)

消費者心理をある程度体系的かつ網羅的に学びたいと考える人におすすめな一冊。消費者行動論を知るのに必要な基本的な概念に加え、幸福や贅沢、コンシューマーインサイト、コ・クリエーション、オンライン消費者行動、解釈学的アプローチなども解説してくれる良書です。

〔amazon〕消費者行動論 (【ベーシック+】)

マーケティングリサーチとデータ分析の基本

基礎的なマーケティングリサーチを学びたいと考える全てのビジネスマンににぴったりな一冊。どうデータを賢く使うのかを事例とともに学ぶことが出来ます。文系出身で数字が苦手な人にもわかりやすく書かれており、とても親切な本という印象を受けました。

〔amazon〕マーケティングリサーチとデータ分析の基本

〔kindle版〕マーケティングリサーチとデータ分析の基本

定量分析の教科書

最近の消費者心理分析に関するアプローチは定性的な側面が強いと思いますが、併せて押さえておきたいのが定量分析のノウハウ。本書は定量分析に必要なノウハウを全くのゼロからでも学ぶことが出来る一冊です。グロービスのビジネススクールでも教えられている内容なので品質は折り紙付き。定量的なデータを求める上層部対策にも使えます。

〔amazon〕定量分析の教科書

〔kindle版〕定量分析の教科書―ビジネス数字力養成講座

脳科学マーケティング100の心理技術―顧客の購買欲求を生み出す脳と心の科学

ハーバード大学のマーケティング学教授によれば、私たちの思考・感情・行動の95%は無意識のうちに決定されるそうです。本書では、無意識に顧客を消費行動へと向かわせるためのテクニックを100個学ぶことが出来ます。ここで学ぶ心理的テクニックは、対顧客に対するものだけでなく、取引先や上司を説得する際にも使える優れものの一冊です。

>>「脳科学マーケティング100の心理技術」を詳しくみてみる

データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

世界最強のマーケティング企業 アマゾン社員の教科書として有名な名著。消費者心理を学ぶといった際に心理学的なアプローチで考えがちですが、本書はデータに基づいた論理的思考による意思決定の方法を学ぶことが出来ます。ビジネス(経営)視点の内容でかかれていますが、現代のあらゆる職種業種のビジネスマンが知っておいて損はない内容です。

〔amazon〕データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

〔kindle版〕データ・ドリブン・マーケティング―――最低限知っておくべき15の指標

インサイト

発売後10年以上、ベストセラーの座を維持している一冊。インサイトとは「本音」のことで、消費者の気持ちを揺り動かし、行動を起こさせるためにノウハウを余すことなく紹介されています。著者は実践的なマーケターとして著名な桶谷功さん。今までの定量調査で「データ的には間違いないけど、結果がついてこない」という経験を持つマーケターに是非手に取って欲しいです。

〔amazon〕インサイト

〔kindle版〕インサイト

買い物客はそのキーワードで手を伸ばす

タイトルからして大変魅力的な一冊。学習院大学がハウス食品、エバラ食品とそれぞれ取り組んだ売り場づくりを物語的に解説されています。店舗で売り場を任されている担当者にとっては新たな気づきを多く得ることが出来るでしょう。お客様への訴求の仕方の手法に悩んでいる新たな処方箋になります。

〔amazon〕買い物客はそのキーワードで手を伸ばす

〔kindle版〕買い物客はそのキーワードで手を伸ばす

この1冊ですべてわかる心理マーケティングの基本

消費者心理を学ぶためのアプローチとしてここ最近様々なアプローチがなされていますが、本書ではそれらの手法を網羅的に学ぶことのできる便利な一冊です。著者の経験をもとに書かれているので、内容にリアリティがありネットの評判も上々。職場に一冊置いておいて共有してもいいかもしれませんね。

〔amazon〕この1冊ですべてわかる心理マーケティングの基本

価格の心理学

「購買心理学」と「行動経済学」の観点から、様々な実例を元にノウハウが紹介されているのが本書。現場では無意識のうちの実践している者も多いでしょうが、初めてお店を経営することになった店主や店長には是非読んで欲しい一冊です。ECサイトの運営者にも十分参考になります。

〔amazon〕価格の心理学

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

インターネットで女性向けの商品を扱う全ての担当者が是非読むべき一冊。女性ならではの消費心理・購買心理を学びつつ、行動に繋げるための文章やデザインがどうあるべきかを学ぶことが出来ます。内容も具体的なので実務にも取り入れやすいのがうれしいですね。筆者もよく読み返しています。レビューも評判がよく買って納得の良書だと思います。

〔amazon〕ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

〔kindle版〕ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則

100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

Webを通してモノやサービスを提供する企業の担当者、アクセスをアップさせたいオウンドメディア担当者に支持されている一冊。サイト閲覧者の心をつかみ、クリックに結び付ける(次への行動に繋げる)ためのテクニックを60個学ぶことが出来ます。著者自ら実践したものなので、全て実証済みのノウハウです。筆者はターゲット設定の重要性を改めて本書で気づかされました。

〔amazon〕100倍クリックされる 超Webライティング実践テク60

消費者行動の知識 (日経文庫)

新書で消費者行動本を探している人におすすめなのがこの一冊。内容はスタンダードで目新しい内容はありませんが、俯瞰的に消費者行動を理解することが出来ます。少々学問としての色彩が強いので、実践的というよりは体系的に学びたいビジネスマンに向きかもしれません。

〔amazon〕消費者行動の知識 (日経文庫)

♯HOOKED 消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術 (T’s BUSINESS DESIGN)

まず、この表紙だけで、「つい、買ってしまった」という方もいるかもしれません(笑)行動科学を専門とする消費者心理学者である著者が、人間の脳と行動の仕組みを科学的に解明し購買へとつなげるHOOK(しかけ)を解説してくれます。内容的には少々トリッキーな部分もありますので、普段のマーケティングに変化球を入れたいという方向きかと思います。

〔amazon〕♯HOOKED 消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術 (T’s BUSINESS DESIGN)

〔kindle版〕♯HOOKED 消費者心理学者が解き明かす「つい、買ってしまった。」の裏にあるマーケティングの技術 (T’s BUSINESS DESIGN)

まとめ

これらの本はモノやサービスを提供する側のノウハウですが、消費者側の視点から読んでも面白いですね。お店やネットで「なるほど、この理論を応用した仕掛けなんだ」と思うこともありますよ(笑)消費者・提供者両方の視点を持ちながらこれらの本を参考にしてみて下さい。

↓↓↓〔初回30日間無料〕kindleで本読み放題!スマホでも読めます!↓↓↓

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)