40代で未経験の職種に男性が転職するための成功のコツを教えます!

スポンサーリンク

40代になると転職しにくいと聞きますが、今はどこの業界でも人材不足に悩まされており、40代に入ってからでも転職が成功する事例が増えてきています。しかも、未経験の業界に転職をして充実した日々を送っている人もたくさんいます。ここでは、40代で未経験の職種に転職するための成功のコツを解説していきます。

40代になると転職しにくい理由

◎現場が扱いづらい

20代から30代前半で役職者が誕生する会社もあります。35歳課長の部下メンバーを中途採用しようとした時、10歳も上にあたる40代の人は採用しにくいものです。40代で転職をしたいと思っている人からすれば、年下の上司になることを気にしていないかもしれませんが、社内的な見栄えもよくありませんし、お客様先に訪問する仕事であれば、お客様に違和感を与えてしまうことも考えられます。年齢的に先輩にあたる部下をつくることをマネジメントのしにくさから、良しとしていない企業も少なくありません。

スポンサーリンク

◎年収面のアンマッチ

40代までバリバリ仕事をしてきて年収もそれなりに上昇させてきた人を、同じ条件で迎え入れるのにはそれなりの勇気がいります。また、社内規定に沿って給与計算はされますので、よっぽどのヘッドハンティングでない限り例外は認められません。そうなると、年収が高い人であればあるほど、採用条件から省かれることがあるのです。一から出直したい!という人は、今の年収よりも少ない希望年収を前面に出す方がいいでしょう。

40代未経験の職種に転職をするコツ

◎アピールポイントを明確にする

採用する側からすれば、40代の人は「即戦力」として見られます。すぐにでも即戦力として活躍をしてくれる人でなければ、年収が高く、扱いづらい40代ではなく、20代の社員を採用する方を選択します。未経験の職種へ転職するためには、まず自分のアピールポイントを明確にしましょう。40代になると、頭の中で理解できているから大丈夫と、アピールポイントのピックアップを怠る人がたくさんいます。

自信を持つことはとても大切です。40代にもなれば、自分に対しての自信がモチベーションになり、ちょっとしたことでは潰れなくなるからです。ただ、その自信だけでは未経験業界への転職は成功しません。自分がその業界で活かす事ができるアピールポイントを書き出してみてください。ピックアップする時には、他の人には無いスキルを優先的に考えるようにし、もし自分が採用担当者だったら気に留まるだろうな、と思われる事例を添えるのです。事例は失敗談でもいいですが、最終的には成功した事例をまとめるようにしましょう。

マネジメント力がアピールポイントなのであれば、過去に何人のメンバーをマネジメントしてきて、どのような業績評価があったのかをまとめます。事例をまとめる時には、必ず数値化するようにしましょう。

スポンサーリンク

◎計画を立てる

未経験の職種に転職をする際には、必ず綿密な計画を立てるようにしましょう。40代になると家庭を持っている人もいるでしょう。無事に今の会社を退職し、さあ転職しようと思ったら仕事が見つからない、なんてことの無いようにしなければなりません。

最低限、今の会社に退職の意思は伝えないようにしてください。やりたい仕事がイメージできていたとしても、まずは市場調査から始めます。業界特有のルールや、想定年収、条件などもインターネットで調べれば見えてくるものです。業界のニュースも調べてみれば、どのような人材が求められているのかも把握できるようになります。事前に業界の調査をして、転職までのスケジュールを綿密に立てることが、未経験業界へ転職を成功させる第一歩となります。

未経験でも歓迎される業界や職種

◎IT企業

世間的なニーズが年々上昇しているのがIT業界です。最近流行のスマホアプリやAI関連の知識を持っていなかったとしてもプロジェクトマネジメントの経験があれば40代でも歓迎される業界です。IT業界では、技術者が不足していますが、プロジェクトのマネジメントが出来る人材はもっと不足をしています。ITに関わったことが無い人であったとしても、プロジェクトの推進をしたことがある人であれば可能性のある業界と言えます。

◎営業職

営業職で転職をする場合、若手よりも40代の人の方が歓迎されることがあります。それは、お客様とのコネクション数が多いからです。コピー機を売ってきた人が広告代理店に転職した場合、コピー機の営業で訪れた企業はすぐに見込み客となるのです。お客様と強いコネクションがあればなおさら、あっという間に結果を残すこともできるでしょう。営業の経験がある人は、未経験の業界であってもこれまでの力を存分に活かすことができますし、経験が豊富であればあるほど、転職先でも歓迎されることになります。

◎接客サービス業

業界としてはとても広範囲にはなりますが、例えばホテルのフロントやレストランの店長など、お客様と直接コミュニケーションを取る業界は40代の経験を活かすことができます。お客様の立場から見て、40代以上の落ち着いた方が接客をしてくれると、とても落ち着きますし、話し方も丁寧で顧客満足度が上昇しやすくなります。

40代で未経験の職種に転職するまとめ

40代だから転職が難しい、という先入観はいったん捨てることができたでしょうか。あなたがこれまでに経験をしてきたことは、必ず違う業界・職種でも活かすことができるはずです。自分を見つめ直す機会を設けて、計画的に転職活動を進めるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)