退職届の理由の書き方。具体的な例を教えます!

スポンサーリンク

会社を退職する決意をしたら、会社に必ず提出しなければならないのが退職届(退職願)です。上司が嫌になった、新しい仕事をしてみたい、待遇に不満がある、など退職理由は様々です。これらの退職理由は、ストレートに退職届に書くものか悩みますよね。ここでは、退職届の理由の書き方について解説します。

退職届に書く理由

結論から言うと、退職届の理由は「一身上の都合により」で問題ありません。会社を退職する際、本当の理由をこと細かく会社に伝える必要はありません。これは法律上もそのようになっています。上司も退職届はこれまでに何度も目を通していますので、「一身上の都合により」を指摘されるようなこともないでしょう。

万が一、しっかりと退職理由を書くように指示があったとしても、その点については従う必要はありません。退職届は紙で提出をするため、退職した後も会社に残ることになります。その点も含めて、具体的な退職理由は書かないようにしましょう。

スポンサーリンク

退職届の理由例

退職届の書き方例を以下に記します。

「一身上の都合により、平成○○年○○月○○日をもちまして退職いたしたく
ここにお願い申し上げます。」

というシンプルな形で問題ありません。

退職届を出す前にすること

退職する際には、退職届を出すことが必須ではありますが、退職の意図を事前に上司に伝えておくことも大切です。会社を円満に退職することは、次の会社へのステップとしてとても大切です。これまで会社のために頑張ってきたことが0になるわけではありませんから、気持ちよく退職をしたいものです。

とはいえ、その上司にも本音を全て話す必要はありません。特に、会社に対して不満があって退職する場合は要注意です。給与への不満や待遇への不満があったとしても理由はストレートに伝えない方が好ましいです。退職理由を伝える時には、「次に新しい仕事をやりたくなった」であるとか「自分の力を試してみたくなった」などの前向きな理由を述べるようにします。事細かに伝えてしまうと、会社や上司から詮索されることもあるのです。嘘偽りを伝えることは気が引けるかもしれませんが、お互いにとって良い結果になるように退職理由を考えるもの大切なことなのです。

退職届を出すタイミング

退職の意思を固めた時には、会社の規定を見直す必要があります。会社の就業規則には、必ず退職をする際の約束事が書かれているはずです。何日前までに伝えなければならないのかを事前に把握しておきます。例えば、1か月前までと書かれているのであれば、上司への相談は2か月前くらいを目安にしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

また、引き継ぎもしっかりと終えなければなりません。1ヶ月で引き継げる業務であればいいですが、何度か一緒にやってみなければならない事や、資料がなければ引き継げないものなどがあれば、もう少し前のタイミングで退職の意図を伝えておくようにします。

逆に、退職までの期間を長めに取ることができれば、会社も新しい体制を組みやすくなりますし、引き継ぎも漏れなくできるようになります。会社から嫌味を言われることなく、気持ちよく次のステップに進むことができるでしょう。

引き留められた時の対応について

退職届を受理されれば、退職日は決定したことになります。しかし、そこに至るまでには会社や上司から引き留められることも考えられます。会社への不満や課題がそれによって解決するのであれば、引き留めに応じるのも1つでしょう。

ただし、本来の意思とは別に引き留められたから断れない、というのではいつまで経っても会社を退職することができなくなってしまいます。ここでは、円満に退職するために、引き留められた時の対応方法についてまとめます。

「職場を変えてあげる」

新しい仕事にチャレンジしたいことが退職理由である場合、多くの上司はこの会社で実現できないのか?と探ってくるでしょう。開発職の人が営業をしてみたいから退職をします、と伝えれば、営業職に異動させられることがあります。

こういった場合は、今の仕事の営業職ではなく、全く違った分野にチャレンジしたいです、と伝えることが大切です。本音が同じ業種の仕事であったとしても、まずはチャレンジする業種が違う事、ジャンルが異なっていることを伝えるようにしましょう。

「給料を上げてあげる、昇級させてあげる」

これはそもそも信頼ができない会社といえるでしょう。退職する、と伝えるから給与が上がるのであれば、他の社員も同じ手を使うはずです。また、他の社員から睨まれることにもなるでしょう。退職理由に給与を持ち出さない事、給料を上げてあげるといってもやりたい事が他にあることを伝えるようにします。

「引継ぎに1年以上かかる」

退職をする時、会社は引継担当者を見つけなければなりません。しかし、暇な社員がいるわけではありませんから、引き継ぎ先を見つけるのも一苦労です。引継ぎに時間がかかるから、もう少し先にしてくれないか、といった引き留めに対しては、エンドの日を決めてしまうようにしましょう。どれだけ長くても3か月を限度に伝えるようにしてください。

退職届の書き方まとめ

退職届には、正確な理由を書く必要はありません。しかし、円満に退社するためには、様々なことに気を使わなければなりません。これから退職を検討される方は、できるだけ早めの準備をするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)