【ビジネスウーマン必見!】仕事での男の嫉妬は怖い!予防対策を教えます!

スポンサーリンク

共働き世代も増え、女性が社会で活躍する場面が増えてきました。育児休暇や時短勤務など女性でも働きやすい環境づくりに企業が力を入れるようになってきたことによって、いわゆるデキる女性が増えてきたのです。これからますます人材が不足していく社会において、女性の活躍の場は一層広がっていくことでしょう。

しかし、残念なことに女性の活躍をあまりよく思っていない男性がいるのも確かです。自分より仕事ができる女性に対して嫉妬心が出てくるのです。働く女性にとって、男性社員の嫉妬ほど面倒で手間になることはありません。ここでは、嫉妬深い男性社員の予防対策について教えます。

同僚の男性社員が嫉妬深い場合

スポンサーリンク

まずは、同期であったり、同じくらいの立場にある男性社員が嫉妬深い場合の予防策についてお伝えします。

無視をする

できれば、無視をするのがベストな方法です。自分に自信のある男性は、女性との戦いを求めています。仕事における成果やパフォーマンスで優劣を付けたがるものです。こちらにその気がないのに、ライバル心むき出しに戦いを挑んでくる男性社員は無視をするのが一番です。相槌を適当に打っていると、男性社員も相手にされていなことに気付くようになります。最初は強いライバル心を持っていたのに、自分だけが勝負を挑んでいることが情けなくなってくるのです。仕事上でのコミュニケーションは必要でしょうが、必要以上に対抗するのではなく、うまくスルーするテクニックが必要です。

相談をする

男性は、仕事上の相談をされることが嫌いではありません。自分がアドバイスをしてあげたことによってうまくいき、感謝の言葉をもらいたいと思っています。嫉妬深い男性には、仕事の相談をしてあげるようにします。例え、ベストなアドバイスが返ってこなかったとしても「ありがとう」と伝えてあげることで嫉妬は薄れていきます。

褒めて持ち上げる

嫉妬深い男性は、褒められることが大好物です。嫉妬とは、誰かと比べる時に生まれるものです。こちらから「すごいよね」とか「よくできたよね、さすが」といった声をかけてあげると、男性は「勝った」と心のどこかで思っているのです。表には出さないようにしていても、心の中ではガッツポーズをしており、対応もやわらかくなっていきます。

特に、嫉妬から厳しく当たってくるような男性に対しては、一度認めてあげたり褒めてあげたりしてみてください。男性が調子に乗っていくのはあまり気持ちがよいものではないかもしれませんが、態度がガラリと変わり、仕事がしやすい環境に変わっていくことでしょう。

スポンサーリンク

部下や後輩の男性社員が嫉妬深い場合

女性が活躍しやすい社会になったこともあって、女性が管理職の立場になるシーンも増えてきています。男性の中には、上司が女性であるというだけで嫉妬する人がいます。また、実力重視の文化も広まっており、若くして管理職になることもあるでしょう。部下や後輩の男性社員が嫉妬深い場合の予防策についてお伝えします。

仕事を与える

嫉妬深い男性の中にも、仕事はしっかりとこなす人は多いです。負けたくない、という気持ちが仕事に向かってくれれば、パフォーマンスも上がります。管理職になれば、実務よりもチームの能力を上げることが重要になりますので、仕事のパフォーマンスが上がる男性はありがたい存在です。

そんな男性には、もっと仕事を振ってあげるようにしましょう。自分が持っている仕事を渡して経験の場を広げてあげることで、個人の能力も高まります。その際注意しなければならないのは、自分が重要な仕事をしていることをアピールすることです。嫉妬深い男性は、上司の悪いところを探す傾向もあり、「あの人は全然仕事をしない」と言いふらすことが考えられるからです。仕事は与えつつも、自分しかできない仕事があることを見せてあげるようにします。

きっかけを作る

嫉妬だけはするくせに、仕事のスキルが低い男性社員もいます。見方によっては、かわいそうな社員でもあります。嫉妬する時間があれば、自己研鑽に励み、成果を出すことに注力してもらいたいものです。

こういった部下や後輩に対しては、仕事に向かうきっかけを与えてあげるようにしましょう。ただ仕事を渡すだけではなく、仕事における効果や背景を伝え、目的を持った仕事をしてもらうのです。

また嫉妬が上司だけに向いていると、仕事の成果が出ていない事に気付きません。比較対象をもっと増やすために、他部署の人とコミュニケーションをしなければならないような仕事を与えてあげるのも効果的です。比較対象が増えれば、危機感を感じてもらえるようになり、嫉妬している場合ではないことに気付いてもらえます。

嫉妬深い男の予防策まとめ

嫉妬深い男性と仕事をする際の予防策をご紹介してきました。嫉妬深い男性に対して対策する時間が面倒だと思うかもしれませんが、一度予防してしまえば、仕事がしやすい環境を作ることができます。また、うまくいけば動かしやすい男性になることだってあります。嫉妬の対策を立てて、働きやすい環境を作っていきましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)