承認欲求が強い人の特徴と職場での角の立たない対処方法3つ

スポンサーリンク

あなたの周りにも誰かに認められることを仕事の原動力にしている人がいるのではないでしょうか?他人に認められたいという欲求の事を「承認欲求」といいます。承認欲求が強い人の特徴と、承認欲求が強いことによるデメリット、そして角の立たない対処方法を3つまとめて解説します。

承認欲求が強い人の特徴

承認欲求が強い人にはどのような特長があるのでしょうか。

スポンサーリンク

自分のことが好き

自分は誰からも愛されており、会社でも人気ものでありたい、と潜在的に考えている人は承認欲求が強くなる傾向にあります。そのため、意見が通らなかったり、何度訴えても聞いてもらえない状況が続くと、仕事での暴走を始めることがあります。コミュニケーションが苦手ではありませんが、自己中心的な物事の考えをします。

周りの目を気にする

自分の振る舞いが周りにどう映っているのかを常に意識してしまう人です。例えば、お客様へ提案する企画書を作成し、社内の承認を得ようとしているとします。本来ならお客様にとって一番良い方法を企画するのですが、企画書を社内で認められたいとう欲求が勝ってしまうのです。周りの目を気にする人は、普段から周りに意識を集中させています。

自分に自信が無い

自分のスキルや能力に自信が無い人は、人から認められることが原動力になっています。この仕事のやり方は正しいのだろうか?と不安に思っている中で、「大丈夫」という言葉を待っているのです。自ら行動に起こすことを苦手としているため、承認を心から求めています。

承認欲求が強い人が周りにいる場合の職場のデメリット

では、承認欲求が強い人が周りにいる場合、その職場にとってどのようなデメリットがあるのでしょうか。

承認とは、誰かに認められることです。つまり、他人がいなければ成立しません。承認されなければ行動を起こせない人は、他人に依存していると言えます。あるプロジェクトを任されたとしても周りからの評価を気にします。そして、認められたいと思いながらプロジェクトを進めることになるでしょう。他人に依存することで、プロジェクト内での簡単な判断や率先した行動が失われることになり、スピーディーな進行ができなくなってしまいます。

また、承認欲求が強いことが周りに伝わると、周りはその人へ注意や指摘に躊躇してしまいます。本当はこうやった方がいいのに、だとか、このやり方はルール違反ですよ、と思っていても言えなくなってしまいます。結果、仕事での失敗につながるのです。承認欲求が強い人へ他の人と同じような厳しい指導をすると、一気にやる気が無くなってしまう怖さもあります。本人の成長を考えてのことであっても、承認欲求が強い人には意図が伝わりにくいのです。

スポンサーリンク

承認欲求が強い人への対処方法

承認欲求が強い人への対策を角が立たない方法で3つご紹介します。

本音を聞き出す

承認欲求が強い人は、本音を話さない傾向にあります。なぜなら、本音を話すことで周りから嫌われてしまうのではないか、という懸念が強いからです。承認欲求の強い人から本音が出てくるように促してあげましょう。

一番効果的な方法は、プライベートな雑談を積極的にすることです。自分のことを知ってもらい、相手のことを知るようにします。お互いの事を仕事以外でも知り得ることができれば、承認欲求が強い人も本音を徐々に話すようになります。本音を聞き出すことができたら、否定することなく受け取るようにしてあげましょう。本音を話すことへの恐怖心がなくなり、承認欲求は徐々に解消されていきます。

自身を持ってもらう

承認欲求とは、他人に認めてもらうことです。裏を返せば、自分で自分のことを認めることができないため、他人に認めてもらうことを望んでいるのです。特に、自分に自信を持っていない人には効果的です。

承認欲求が強い人に機嫌よく働いてもらうために、これまでもたくさん褒めてきたはずです。その流れで、自分ではどう思っているかを聞き出します。おそらく、「自信満々です」と答えることはないでしょう。そこで自信を持ってもらうように持っていくのです。承認欲求が強い人に自信を持ってもらうためには、比較対象を作るのが一番効果的です。「私には出来ないのに、さすがですよね。」とか「会社の中でもかなり上位のスキルだと思いますよ」と比較対象があると自分を認めやすくなるのです。

小さな事に感謝する

これまでは、承認欲求が強い人を改善させる対処方法でした。ここでは、承認欲求をうまく使う方法をご紹介します。

承認欲求が強い人は、欲求が満たされることでパフォーマンスが向上します。そのため、小さなことに対しても感謝の気持ちを伝えると、とても機嫌よく行動をしてくれます。依頼した資料を持ってきた時には、「早いね、ありがとう!」と受け取るだけで相手はモチベーションが上がるのです。承認欲求の特徴を上手く活用する対処方法です。

承認欲求が強い人への対処方法まとめ

承認欲求がある事自体が悪い事ではありません。ただし、あまりにも承認欲求が強いと組織で仕事を進めていく上では様々な弊害が出てくるのです。これまでにご紹介した対処方法を上手く活用し、スムーズに仕事を進めれるように考えてみてください。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)