【マネージャー必見!】職場で人格否定と捉えられる言葉の例5つ

スポンサーリンク

パワハラは今や社会問題になっています。パワハラによってうつ病になったり、自殺に追い込まれたり、パワハラをしている人は悪気が無かったとしても重要な問題に発展してしまうことがあります。

あなたの職場でも、気付いていないだけで人格否定と捉えられるパワハラ発言が蔓延していることはないでしょうか?

ここでは、職場における人格否定と捉えられる言葉の例を5つご紹介します。

スポンサーリンク

①学歴を話題にした人格否定について

人格否定として、学歴を話題に出すことが挙げられます。就職活動においては学歴も重要な要素ですが、会社に入ってからは学歴どうこうではなく、本人が持っている今のスキルが重要なのです。

学歴を話題にした以下のような発言は、人格否定と捉えられます。

「どうせ、大学を出ていないから分からないよな」
「大学どこだっけ?あー、あそこの出身なら難しいかもね」
「三流大学を出てるからダメなんだよ」
「ごめん、○○大学の出身だったよね。じゃあ、難しい仕事をお願いした私が間違っていたよ」

②身体的な部分を話題にした人格否定について

ほとんどの人が何かしらのコンプレックスを持っているものではないでしょうか。見た目を指摘するような内容は、仕事上全く関係が無い事です。

相手の身体的な部分を話題にすると、人格否定になります。

「ハゲてるから新しい仕事が取れないんじゃないのか?」
「そんなに足が短かったら、営業なんてできないよな」

上記のような発言は人格否定になりますが、勘違いしやすいものもあります。

例えば、臭いなどです。夏場になると、職場に汗の臭いが広がることがあります。部下に対して指摘をしてはいけないのではなく、言い方が人格否定になるかどうかです。

部下の臭いによって、周りの人の仕事に影響があるのであれば、そのままにしておくわけにはいきません。改善できる事象については、相手の人格を否定しないように言葉を選んで指摘してください。

③男女差別を話題にした人格否定について

女性が活躍しやすい社会になってきましたが、まだ男性と女性の違いを悪い方向に考えている人がいます。

性別が違えば、仕事内容も変わるでしょうが、人格否定になるような発言をしてはいけません。

「女のくせに、俺の仕事にケチをつけるのか」
「この仕事は、女のお前には無理だよな」
「お茶を出すのは女の仕事って決まってるだろ」

スポンサーリンク

女性に対する人格を否定した発言は、パワハラだけではなく、セクハラとして捉えられることもありますので特に注意をしてください。

④プライベートを話題にした人格否定について

学歴や身体的コンプレックスの指摘と同じように、プライベートな環境を指摘することは会社の仕事とは関係がありません。部下のプライベートを話題に出すような発言は、人格否定に捉えられます。

「お前のような男を好きになる嫁の気持ちが分からないよ」
「田舎から出てきたから、資料も田舎くさいんだよな」
「どうやったらこんな育ち方になるのか、親の顔が見てみたい」

プライベートの指摘は、相手を精神的に追い詰めることになります。仕事に対する指摘内容については、本人のプライベートに関わる発言を加えないようにしてください。

⑤間接的な発言による人格否定について

仕事でのミスを直接的ではなく間接的に発言することも人格否定として捉えられます。これは例を見た方が分かりやすいのでご紹介します。

「なんで電話一本もまともにできないんだ。だから、お客さんにも名前を覚えてもらえないんだ」
「書類のミスが多すぎる。朝起きるのが遅いからじゃないのか」
「商品の質が悪いな。いつもダラダラ行動しているからだな」

どれも実際にありそうな発言です。直接的な仕事への指摘ではなく、別の事象を出しています。間接的な発言から来る人格否定は、言い方1つでイメージが変わります。最初の例であれば、

「電話の練習をしておこうか。お客さんにも名前を覚えてもらいやすくなるしな」

このように、間接的な指摘については、受け取る側が人格否定として捉えるかどうかがポイントになります。語尾が強くなったり、選択したキーワードが悪かったり、また機嫌が悪かったりすると、人格否定になりやすいです。注意をする時には落ち着いて、冷静な対応をするようにしてください。

人格否定と捉えらえないために

人格否定として捉えられないためには、普段からの信頼関係が重要です。部下がおびえて仕事をしているような環境になっていれば、ちょっとしたことでも人格否定として取られることがあります。普段からの接し方も重要なポイントです。

また、部下を指導する場面も重要です。例えば、朝会で名前を出して指導するようなことは、相手の人格を否定することに捉えられます。上司として指導をする場合には、ご紹介したような発言に注意し、部下の成長を促してあげるようにしてあげてください。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)