初回の社内会議で自己紹介をスマートにするためのコツと文例

スポンサーリンク

社内会議は自己アピールの良い機会でもあります。初めて会う別の部署の人もいるでしょうし、社長を始めとした役員の方が参加している場合もあります。普段は話す機会が無い人が参加されている会議においては、自己紹介をスマートにしたいものです。ここでは、初回の社内会議で自己紹介をスマートにするためのコツと文例をお伝えします。

初回の社内会議での自己紹介

社内会議では、普段仕事を一緒にしたことが無い人がたくさん参加されています。若い社員にとっては、自分を知ってもらうチャンスであり、今後の仕事の幅が広がるとても貴重な時間になります。とはいえ、大事な議題がある中で自己アピールだけに時間を割くわけにはいきません。そのため、初回の社内会議における自己紹介はとても大切なのです。

スポンサーリンク

自己紹介をスマートにするためのコツ

では、初回の社内会議でスマートに自己紹介をするコツをご紹介します。自己紹介をするということは、参加している社員の方は自分のことをよく知りません。自分を知ってもらうための場として有効的に使いたいものです。記憶に残してもらうためのコツをまとめます。

声は大きく

とにかく元気であることが大切です。ボソボソと話していると会議に参加する意欲を伝えることができません。堂々とした態度は、必ず相手に良い印象と与えるはずです。自分はやる気があるんだ、ということをアピールするために大きな声で自己紹介をしましょう。

時間は1分以内にする

社内会議では、自己紹介のための時間が用意されていません。そのため、長く話してしまうと議題の進行を妨げることになります。話が長くなると、相手が飽きてしまうこともあります。自己紹介は30秒から1分以内に抑えるようにしましょう。

会議に参加している全員を見回す

初回の社内会議は緊張するものです。自己紹介も参加者の注目を集める時間になります。初回であり、参加者の目があると緊張して伏し目がちになってしまいがちです。参加している全員の顔を見るように、顔を少し上げて話すようにしてください。下を向いてしまうと、声がこもってしまうことにもなります。緊張を和らげるために、会議前に練習とシミュレーションをしておくといいでしょう。

スポンサーリンク

何が得意であるかをアピールする

せっかくの自己紹介の機会ですから、自己アピールを忘れてはいけません。自分が得意としている仕事について端的に話します。自己アピールの際には、何故自分が会議に参加しているのかを相手に伝えることが重要です。ただそこにいるだけ、と思われないようにしましょう。

何の仕事をしているのかを伝える

自己紹介は、自分が今何の仕事をしているのかを知ってもらうチャンスでもあります。現在のプロジェクトについて触れることで、自己アピール同様、何故この会議に参加しているのかを知ってもらうことができます。今の仕事内容を伝えることによるメリットは他にもあります。困った時に相談に乗ってもらう人を見つけたり、参加されている人から声をかけてくれることもあるのです。過去に同じようなプロジェクトに参加していた人からのアドバイスがもらえるコミュニケーションのきっかけにするといいでしょう。

自己紹介の文例について

自己紹介のコツを基に、いくつかの自己紹介文例をお伝えします。今の自分の立場と照らし合わせて、うまく活用してください。イメージしやすいように、名前は「田中」とし、今年から新商品開発のプロジェクトに入っている前提とします。

<例1>

・はじめまして、企画営業部の田中と申します。私は今、企画営業部にてデジタルカメラの開発に取り組んでいます。現在は、デジタルカメラの設計段階でして、○○さんや○○さんと一緒に仕事をしています。今日は初回の会議なので緊張していますが、少しでも力になれるように頑張ります。

自分が何の仕事をしているのかが明確であるため、聞いている相手もイメージしやすくなります。また、自己紹介の中に一緒に仕事をしている人の名前を入れると「あー、あの人のところで仕事している子ね」と理解してもらいやすくなります。

<例2>

・企画営業部の田中です。本日の会議では、○○の部分について発表させていただきます。○○については、現時点でいくつかの課題があり、是非ともみなさんのアイデアをいただければと思っております。持ち帰ったアイデアはチームで共有し、またみなさんに進捗のご報告をしたいと思います。本日は、よろしくお願いします。

自分がなぜこの会議にいるのか、どのパートで発言があるのかを明確にしています。何の仕事をしているのかも伝わりますし、アイデアを持ち帰った後のフィードバックを約束することで、参加者とのつながりを生むことができます。会議の結果どうなったのかを参加者に伝えることで、この先の仕事も効率的に進めることができるようになります。

自己紹介のまとめ

社会会議における自己紹介のコツと文例をご紹介しました。自己紹介がしっかりとできれば社内へのアピールにもなり、今後の仕事が進めやすくなるものです。いただいたチャンスを少しでも活かすために、慣れるまでは自己練習を欠かさないようにしましょう。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)