意味なし会議中の有益な暇つぶし方法3つ

スポンサーリンク

会社員をやっていると、いわゆる「くだらない」会議に参加することもありますよね。

例えば、何の結論も出ない、ただ時間だけが過ぎていく会議、もしくは会議には参加しているものの、偉い人がただ話していて、自分には何の発言権もない、ただ参加している会議などです。大体そんな会議に出ているとついつい寝てしまったり、寝ないまでもただぼけっとしたりと無益な時間を過ごしてしまうケースが大半です。

しかし、無駄な会議の時間もたった1日24時間しかない貴重な時間です。そんな貴重な時間を無駄にしないようにするために有益に過ごすための3つの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

無駄な会議に参加しているときの暇つぶし~大前提~

まずはこの暇つぶしの概論として、無駄な会議に参加しているときの暇つぶしにおける大前提のルールをお話ししたいと思います。暇つぶしにおけるルール、それは「仕事をする」ということです。

あなたはお金を稼ぐため、自己実現のためなどなどあらゆる目的のために仕事をしているはずです。あなたは今その会議に参加することで、お金を稼ぐため、自己実現の時間を無駄にしているのです。

そして、仕事を終えた後の自由な時間も潰そうとしているのです。時間の無駄を解消するためには、成果につながる仕事をしましょう。まずはその意識をもって下さい。

暇つぶし① PCを持ち込める場合

会議においては、PCを持ち込んでPCを操作しながら参加できるものがあります。その際はPC上で処理できる仕事をしましょう。複数のメールを送らなければならない場合は、まとめてメールの処理をする、企画書やプレゼン資料などの作成が必要な場合はそのドキュメントを作るなど、PCが目の前にあるだけで処理すべきタスクの処理が沢山できるはずです。

そのためPCを持ち込むことのできる会議であれば、PC上で完結できる仕事を淡々とこなしていけば良いでしょう。会議が1時間であれば1時間分の仕事を終わらせることができ、1時間想定より早く帰ることができます。

暇つぶし② PCを持ち込めない場合

最近はあまりないケースですが、会議によっては、PCを持ち込めないものもあり、手元にはノートとボールペンとアジェンダ程度しかない場合、目の前にたまっている仕事の処理ができません。そんな場合はどうするかですが、「考える」時間にあててください。

スポンサーリンク

例えば企画を作らなければならないにも関わらず、日中は作業レベルの仕事に忙殺され、企画を考えようにも、夜間の頭が働かない時間しか取れないというケースもあるかと思います。また、本当は考える時間が欲しいが、考えなくても仕事が成立するため、1日ただ作業を片付けて終了してしまうケースもあるかと思います。

無駄な会議に参加しているときは「考える」、「自身のアイディア」を生み出すためのクリエイティブな時間に充てるというのも1つの方法です。

暇つぶし③ 会議を有効に活用する場合

暇つぶしの3つ目としては、あなたが出ている無駄な会議を客観的に眺める時間にするというのも1つの方法です。会議での時間の潰し方、という内容と矛盾しているかもしれませんが、あなたがつまらないと思っている会議は、参加者からしたらすごく重要な会議なのかもしれません。特にあなたに発言権がない、ただ参加しなければならない会議はその典型例です。

では、どんなポイントで会議を眺めればよいのかですが、以下のようなポイントを確認してみてはいかがでしょうか。

  • 会議の目的 ゴールは何か
  • ゴールを導き出すうえでのキーマンは誰なのか
  • 発言者が何を考えているのか、またキーマンはどういう発言しているのか
  • 同じようにつまらなそうな顔をしているのはなぜつまらなさそうにしているのか
  • そもそもなぜその会議がつまらないのか

上記のポイントを探り出すことで、その会議の本質が見えてくるはずです。そして、その会議の問題点や参加者の思惑を想像することで、見えてこなかった何かが見えてくるはずです。

例えば、決定事項が出ることで何か余計な仕事が増える人がでる場合があり、作業者となりうる人はどうやって作業をしないで済むかを発言し、かたや会議の設定者は作業者に対しどのような目的で、どのような大義名分を作って作業をやってもらうかという意思があるといったことがその一例に挙げられます。

そういうポイントで会議を眺めていると、会議の進め方の参考になりますし、くだらない会議だと結論付けるのならば、何がくだらないか、どうすれば下らない会議にしなくて済むかなど色々勉強になるはずです。会議を通して物事の見方、上位役職者の仕事の進め方など良い勉強をするための時間に充てるのも有効に会議の時間を使う方法でしょう。

まとめ

あなたが参加する意味なし会議において、本当に無意味なら仕事を着々と進めましょう。あなたの時間が無駄なだけならある意味仕事の進め方、あらゆる方々の思惑を見るなど仕事の進め方を学ぶために時間に充てるなどいろいろ有意義な方法があります。

あなたの貴重な時間、決して無駄にしないよう「工夫」をしていくことが大事であることをしっかり認識してもらいたいと思います。

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)