職場の嫌いな同僚との接し方。気にしないための対処法は?

スポンサーリンク

職場にはいろんなタイプの人がいるので、気が合う人もいれば、気が合わない人もいるでしょう。職場の同僚とは日々顔を合わせることになるのでうまく付き合っていきたいものです。しかし、どうしても嫌いな同僚というのはいるもので、考え出すと仕事が手に付かず、ストレスだけが蓄積されていきます。ここでは、職場の嫌いな同僚との接し方、気にしないための対処法についてまとめます。

相手のいいところを探す


誰にでも長所と短所があります。一度嫌いになった同僚は、短所ばかりが目についてしまうものです。人は嫌いな人の短所を見つけることに喜びを感じ、短所が見つかる度にその同僚の事が更に嫌いになるという「嫌いになるループ」を引き起こしてしまいます。誰にでも短所はあるわけですから、良いところも必ずあるはずです。嫌いになった人の長所を探してみてください。「そんなの見つかるわけがない」と壁を作ってしまうと、良いところも見えてきません。長所を見つけることに自分で気持ちの切り替えが出来ない時には、他の人に「あの人の良いところってどこだと思う?」と聞いてみるといいでしょう。

打ち解けないようにする

スポンサーリンク

同僚と仲良くしようと思いすぎるとかえって嫌いになることがあります。どうしても心が開けない時には打ち解けないようにしましょう。例えば、仕事で必要なこと以外は会話をしないようにします。あそこのランチが美味しいとか、昨日のテレビを観たとか、雑談の最中は相手がリラックスしていますから、より性格が前に出やすくなります。

仕事だけの付き合いだよ、と割り切るようにしておけば、「この人面白くない」と思われて対象から外してもらえるようになるのです。他にも、同僚に敬語を使う方法があります。どこか他人行儀なやり取りを続けていれば、相手と距離を空けることができるようになります。

いきなり敬語に切り替えるのは違和感があるため、徐々に敬語に切り替えていくようにしましょう。嫌いな同僚と打ち解けなかったとしても、やることをしっかりやっていれば仕事は前に進んでいくものです。

利用していると考える

仕事場では同じ立場であっても精神的には上下関係が生まれていることがあります。嫌いな同僚との関係を見ると、無意識に自分が下になっていると勘違いしてしまうことがあるのです。一度自分の頭の中を覗いてみて、主従関係のようなイメージになっていないかを確認してみてください。

スポンサーリンク

そしてそこに、気にしないための対処法があります。自分が精神的に相手の上に立ってしまうのです。嫌いな同僚からのやり取りもうまく利用するように頭の中を切り替えることで、気にならなくなることがあるのです。同僚との仕事ではビジネスライクな付き合い方を継続しつつ、気持ちの中では上に立っているようなイメージを持つだけで気持ちはとても軽くなり、「私が利用しているんだ」と思うことで嫌いな同僚が気にならなくなります。

楽しいことを見つける

嫌いな同僚との付き合いでたまったストレスは、しっかりと発散をしていきましょう。土日だけに限らずに平日の定時後、何かしらの「楽しみ」を見つけてみてはいかがでしょうか。嫌いな同僚との付き合いが変わるわけではないのですが、それ以上に楽しいことを見つけることで同僚のことなど気にもならなくなります。頭の中に嫌いな同僚が占める割合を減らしてしまうのです。

何もなく家に帰ると「また明日も会わないといけないのか」とついつい嫌なことを考えてしまうのです。一見、何の解決にもなっていないように感じるかもしれませんが、そもそも同僚の性格は簡単に変わるものではありません。

仲間を見つける

時に危険な方法ではあるのですが、嫌いな同僚の事を同じように嫌いになっている人を探す方法です。同じ方向を向いて話ができることで、気持ち的には楽になります。

ただ一方で、嫌いな人の事を更に嫌いになってしまうことにもつながりますし、仲間だと思っていた人に裏切られる可能性も秘めています。気持ち的にどうにも収まらない時などに「相談をする」とう雰囲気で仲間を見つけるようにしましょう。

諦めてしまう

人間、時には諦めることも大切です。心が優しい人に限って、嫌いな同僚の事を考えこんでしまう傾向にあります。同僚とうまく接していこうと思っても解決しない時には、考えるということを諦めてしまうのです。同僚の事を好きになれないからといって、「嫌いになる」のではなく「無関心になる」のです。どうせ人のこと、気にしないようにすればいいだけのことです。先に話したように、優しい人に限って無関心の状態になるのは難しいものですが、嫌いな同僚に振り回されることで自分自身も嫌いになってしまうことがあります。

嫌いな同僚との付き合い方まとめ

職場にいる同僚が嫌いであっても仕事は一緒にしていかなければなりません。人間関係によって仕事のパフォーマンスを落とすのはとてももったいないことです。ここで紹介した方法をいくつか試してみて、あなた独自の接し方を見つけるといいでしょう。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)