時間の使い方あってる?タイムマネジメント本おすすめランキング5選

スポンサーリンク

人手不足の社会となっている今、時間をどれだけ有効活用できるかが重要になっています。働き方改革関連法案では残業対策が盛り込まれており、これまで以上に仕事のスピードと効率化が求められるようになります。そこで注目されているのが「タイムマネジメント」です。ここでは、タイムマネジメントとは何か?を説明し、タイムマネジメントを身につけるために読んでおくと良いおすすめ本をご紹介していきます。

タイムマネジメントとは?

タイムマネジメントは、日本語に直訳をすると「時間管理」となります。仕事には様々な「タスク」が存在していますよね。取引先に電話をして確認をする、経営会議の報告資料を作成する、お客様に提示する見積に押印をする、など、1つ1つの仕事がタスクになります。つまり、仕事をしている以上、誰もが複数のタスクを抱えており、タスクをクリアしていくことで仕事を前に進めています。

もし同じ難易度で同じボリュームのタスクが10個あった時、3日で終わらせる人と5日で終わらせる人がいたらどちらが生産性が高いかは一目瞭然ですよね。また、9個のタスクを2日で終わらせたとしても1つのタスクが納期に間に合わなかったら意味がありませんよね。

タイムマネジメントとは、時間軸で複数のタスクを効率的にクリアしていくためのプロセスのことを言います。タイムマネジメント能力が高い人は、周りから仕事が早いと評価され、より難易度の高い仕事にチャレンジをしていくことができるようになります。主要7か国で比較した時、残念なことに日本の生産性は最下位となっているのが現状です。これからタイムマネジメントに対する関心度合いは高まっていくことでしょう。

タイムマネジメント能力が向上するおすすめ本

ここからは、タイムマネジメント能力を向上させるために、是非とも読んでもらいたい本を紹介していきます。

実践!タイムマネジメント研修:坂本 健 (著)

優秀な人は、時間の使い方がうまい。普通の人は、時間の使い方が下手。たったそれだけで仕事の優越がついてしまう、とう前置きが記載されています。「この人は仕事ができるなあ」と感じる人は、ただ時間の使い方がうまい人だったと思わせてくれる本です。

タイムマネジメントやタスク管理の本の多くは、これをすればうまくいく!というポイントが羅列されているだけで、どれから実践をしていけばいいのか分からないものが多いです。読んでいる時は、なるほどと思いながらも読み終わったら心に残っていない本がたくさんあるのです。

そんな中この本にはストーリー性があり、日ごろからタイムマネジメントがうまくない人の実例がすんなりと頭に入ってきて、生々しく理解することができるようになっています。あっさりと読み終えることができるため、すぐに実践に移せるのもいいですね。

〔amazon〕実践!タイムマネジメント研修

〔kindle版〕実践! タイムマネジメント研修: より少ない時間で、より高い成果を出すために 実践シリーズ (株式会社ポテンシャル・ディスカバリー・コンサルティング)

神・時間術:樺沢紫苑 (著)

精神科医だからこそ伝えることができる時間の使い方が掲載されています。ビジネスだけでなく、人が豊かに生活をするためには何が必要か?を理解することができ、またすぐにでも取り込むことができるのが特徴です。朝は頭が一番整理されている時間であり、この時間に何をすべきかを考えさせられます。

目が覚めるまでボーっとテレビを観ていた人、出勤するのが嫌だなとうなだれていた人は、生活習慣が一から変わるのではないでしょうか。どの時間帯に何をするのがベストなのかが分かると、ビジネスにも大きな影響があります。何度か読み返すことで、時間の活用がうまくなること間違いなしです。

〔amazon〕脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術

〔kindle版〕神・時間術

「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣:山本 憲明 (著)

○○と○○の習慣シリーズとしてシリーズ化されている書籍の中で、仕事のスピードに着目している本です。タイムマネジメントの本は極端な内容が書かれていることも結構あって、自分には合わないと思う人も少なくありません。現実的に仕事のスピードを早める方法を知りたいという人にピッタリの本です

。1つ1つに正論だと思いすぎてしまうと、読むだけで疲れてしまいます。読んでいく中で自分に足りないものが見つかったページに印をつけて、1つずつ試していくのが良いでしょう。現在リーダー職に就いている人は、同シリーズの「仕事が早いリーダーと遅いリーダー」を読んでみてもいいでしょう。

〔amazon〕「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

〔kindle版〕「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」の習慣 (アスカビジネス)

なぜ,仕事が予定どおりに終わらないのか?:佐々木正悟 (著), 大橋悦夫 (監修)

普段から「時間がない」が口癖の人、周りにいませんか?もしくは、あなたがその人かもしれません。時間がないとつぶやいてしまう人は、仕事の優先順位の付け方が間違っています。この本では、大橋悦夫氏が生み出した「タスクシュート」を活用して、仕事(タスク)を早く片付けていくための「コツ」が書かれています。

この本を最大限に活用するには、読んですぐに活かすことが大切です。淡々と読み進めることができるようになっているため、逆に読み終わったことで満足感を得てしまい、実践に移せないことが考えられます。まずは、実行すること!そこから時間の使い方がうまくなるのです。

〔amazon〕なぜ、仕事が予定どおりに終わらないのか? ~「時間ない病」の特効薬!タスクシュート時間術

〔kindle版〕なぜ,仕事が予定どおりに終わらないのか?~「時間ない病」の特効薬!タスクシュート時間術

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする:グレッグ・マキューン (著)

ビジネス本が好きな人は知っているかもしれないですが、アメリカでベストセラーとなったグレッグ・マキューン氏のタイムマネジメント本です。この著者は、Apple、Google、Facebookといったアメリカで有数の企業において、アドバイザーを務めた経験があり、結果を残してきたからこそ説得力があります

。「あなたにとって、いま大切なテーマは何ですか?」時間の使い方と共に、仕事の進め方や付き合い方も見直すことができる良書です。この本で人生が変わった人が多数!是非とも一度読んでもらいたい本となっています。

〔amazon〕エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

〔kindle版〕エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

まとめ

これらの本は自分では気づかない効率的な時間の使い方を学ぶには持って来いです。是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)