会社の部下の結婚式を欠席したい・・角が立たない断り方とご祝儀の渡し方は?

スポンサーリンク

会社の部下の結婚式に誘われたけど欠席したい…と思うことはありませんか。直属のよく知る部下の場合は嬉しいですが、実はあまりよく知らない部下のときもありますよね。

スピーチを頼まれるのが嫌だ、なにより上司としてご祝儀を出さなくてはいけないからお金がかかる…などはっきりと言えない欠席理由もありますよね。

部下の結婚式を欠席する場合の角が立たない断り方やご祝儀の渡し方などのマナーをご紹介します。

スポンサーリンク

結婚式を欠席するときのマナー

部下の結婚式に限らず、結婚式を欠席するときは断りづらいですよね。

招待されて断る場合どのような対応をするのがいいのでしょうか。

タイミング別に見ていきましょう。

・招待状が来る前に欠席する場合

一般的には招待状を送る前に、新郎新婦から『〇月〇日に結婚式をするからもし良ければ出席してほしい』と直接もしくは電話やメールなどで連絡がきます。

すでにこの時点でどうしてもはずせない用事が入っている場合はすぐに参加できない旨を伝えましょう。

電話やメールで来た場合、自分も電話やメールで返しても失礼にはあたりません。

・招待状が来てから欠席する場合

招待状が来てから結婚式を欠席する場合は、返信はがきを欠席にして送付します。

一度口頭で誘いがあった時点では出席できると思ったわけですから、はがきが到着する前に電話やメールで欠席の旨を伝えた方が丁寧です。

またギリギリまで出席できるかどうかわからないときも、連絡を入れておきましょう。

・返信のはがきで出席すると連絡したあとに欠席する場合

はがきを返信する際、結婚式に出席すると返事をしても急用で行けなくなるときもありますよね。

その場合は欠席とわかった時点でなるべく早く連絡をしましょう。

電話で早急に伝えるのがベストです。

・結婚式の直前に欠席する場合

直前になって結婚式を欠席する場合は、とにかく早急に新郎新婦に連絡をしましょう。

すでに席次も決まっており、料理や引き出物はキャンセルできないことがほとんどなので、かなり迷惑をかけることになります。

例え理由が弔事や仕方ないことだとしても、しっかりとお詫びし、結婚式が終わった後にも本当に申し訳なかったと伝えるようにしましょうね。

会社の部下の結婚式の断り方

部下の結婚式の欠席理由はどうしたらいいのでしょうか。

君のことはよく知らないとか、スピーチが嫌だとか、お金がかかるからなんて口が裂けても言えませんよね…。

友人であれば、仕事がどうしても休めない・出張が入っているなど、会社を理由にできますが相手は部下なのでそれはばれてしまいますよね。

一番角が立たないのは「どうしても先約が入っていて行けない」と伝えることではないでしょうか。

それでも根掘り葉掘り理由を聞いてくるような場合は、「他の結婚式とかぶってしまった」というのがよくある理由なのでいいかもしれません。

スポンサーリンク

自分の結婚式に来ないで誰の結婚式を優先しているんだ!なんて嫉妬するような部下はいないとは思いますが、「身内の結婚式」と伝えましょう。

親族の結婚式であれば、さらに角が立たない理由となるでしょう。

また女性の場合は、妊娠中や育児中であれば、体調が安定しない、子供を見てもらう人がいないなどの理由でもいいでしょう。

その他、弔事や介護といった理由も比較的角が立たないと思われます。

理由は「先約があるので…」と伝えた後、さらに詳しく聞かれた場合のみ答えるようにしましょう。

会社の部下の結婚式を欠席した場合のご祝儀の金額や渡し方は?

会社の部下の結婚式を欠席した場合、ご祝儀の金額や渡し方も迷いますよね。

まずは欠席の返事をするときと同様、タイミング別にご祝儀の金額相場を見ていきましょう。

・招待状が来る前に欠席する場合

ご祝儀を渡す必要はありませんが、行けない代わりにお祝いを渡す人が多いようです。

金額の相場は5千円~2万円程度です。

部下との付き合いの深さによって金額を決めましょう。

また、自分の同僚など同じ立場の人が欠席する場合、いくら出すのか相談してみてもいいでしょう。

・招待状が来てから欠席する場合

招待状をもらってから欠席する場合は、ご祝儀で包む予定だった金額の3分の1程度の金額を渡す人が多いようです。

・返信のはがきで出席すると連絡したあとに欠席する場合

出席する予定だったのに欠席する場合は、ご祝儀で包む予定だった金額の半分程度の金額を渡しましょう。

・結婚式の直前に欠席する場合

直前で結婚式を欠席する場合は、料理や引き出物などのキャンセルができないので、ご祝儀は出席するときと同じ金額を包みましょう。

最低でも半分以上は包まないとマナー違反です。

しかし自分は上司ですから出席するときと同じ金額を包むべきでしょう。

元々職場でいくらか集めてお祝いを贈ろうとなっている場合は、一緒に贈ってもいいですし、もしあなたが個人的に出したい場合は、自分は欠席するし個別にご祝儀を贈るからと断ってもいいでしょう。

またご祝儀を渡すタイミングは、毎日顔を合わせる部下であれば、直接手渡しがいいでしょう。

手渡しが難しいときは、現金書留で自宅に送付しましょう。

今後の付き合いも考え角の立たない断り方を!

結婚式の出席を断る方法をタイミング別にご紹介しましたが、一番大事なのは断る前に祝福の言葉を伝えることです。

おめでとうの一言もなく、断るのはとても感じが悪いですし、誘った方も『出席したくないのかな?』と思ってしまいます。

部下との今後の付き合いにも影響するので、祝福の言葉は必ず言いましょうね!

そして誘ってくれたことに対するお礼と欠席のお詫びの言葉も忘れずに!

当日欠席の場合は祝電を送ると喜ばれますよ!

最近はぬいぐるみのついた電報の他に、バルーンがついたものなど受付に飾れる電報もあります。

部下の結婚式を欠席する際は、上司らしく大人のマナーをしっかり守ってくださいね。

スポンサーリンク




関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)